2014年03月10日

久しぶりの秋の遠足

 春風学寮の行事の一つとして、寮生同士の親睦を図る目的で、遠足や旅行などを行うことがあります。私が寮長になって4年目になりますが、残念ながら今まで一度も実施できませんでした。全員で行こうとすると、行く場所や日程が合わず、結局お流れになってきていました。しかし、今年は行ける人だけということに割り切り、11月23日の勤労感謝の日に、近場で秋の紅葉が美しい所との希望で、調布市の深大寺に行きました。当日はよく晴れたすがすがしい秋晴れで、絶好の遠足日和でした。小田急線・井の頭線・京王線に乗り継ぎ、布田駅で下車、駅からゆっくり歩き互いにおしゃべりしながら約30分、目的の深大寺に到着。寺の境内は思ったより小さく、多くの紅葉見学とお参り客であふれていました。境内の紅葉はとてもきれいで、特に中国人留学生たちは感嘆の声をあげながら写真を何枚も撮っていました。そして、門前には歴史を感じさせる蕎麦屋が軒を連ねてあり、その中の一軒の蕎麦屋に入り、それぞれ食べたい品を注文し、名物の深大寺そばを美味しく食べました。その後、近くの神代植物園に入り、さまざまな植物を鑑賞し秋を満喫しました。

 短い一日遠足でしたが、寮生活の中で普段はゆっくり話せない寮生同士、青空と美しい自然の中で、お互いにいろいろ話ができ、親睦と交流ができたことに参加者は心から満足しました。私達寮長夫婦も、若い寮生たちと年の差を忘れて、若返った気分にさせてもらいました。来年度は、少なくとも春と秋2回は遠足をやりたいとの希望が出ましたので、寮生と相談しながら、都内の名所探訪の遠足を実施しようと思っています。

                          (春風学寮寮長・森山浩二) 
posted by 春風学寮 at 21:15| 日記